ワールドトリガー連載再開!超簡単に今までのあらすじを解説!今なら100話無料公開中!

マンガ・アニメ

ブログランキングに参加中です!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 スロットブログ スロット日記へ
にほんブログ村

まいど!にそくです@2nisoku9

私のジャンプで一番好きなマンガ『ワールドトリガー』が遂に連載再開になりました。
今回は連載再開したけど今なにしてるかわかんない・・・って方に向けて、
今までのストーリーを超ざっくりとあらすじで解説していこうと思います。

連載再開はもう無いかもしれないと思っていたので本当にありがたいです。

それではどうぞー!

スポンサーリンク

玄界(ミデン)と近界(ネイバーフッド)について

ワールドトリガーの世界にはミデンとネイバーフッドの二つの世界が存在します。

ネイバーフッドは『トリガー』という兵器を使用してミデンへ人間をさらいにきます。
ミデンの人間はネイバーフッドから進行してくる敵を『ネイバー』と呼んでいます。

ミデンではネイバーに対抗すべく、ネイバーフッドのトリガー技術を使った組織『ボーダー』が結成されます。

このボーダーの活躍により、ネイバーフットからの侵攻の被害をミデンは抑えています。

三雲修
主人公である三雲修はミデンにあるボーダーという組織の隊員です。

トリオンとトリガーについて

ワールドトリガーでは人間には『トリオン機関』という物があり、トリオンという力を持っているという設定になっています。
『トリガー』はトリオンを使用して、体をトリオンで出来た肉体に換装して、いろいろな兵器を作ることができます。
トリオンで形成された肉体はトリオンでしか破壊できず、もし破壊されても生身にはダメージはありません。
そのためワールドトリガーの世界では簡単に腕を切ったり首が飛んだりしますw

少年誌でこれだけ肉体破壊をできる設定がこの漫画のバトルシーンの面白さです。

空閑遊真
もう一人の主人公である空閑遊真は他のトリガーとは別格の性能を誇る『黒トリガー』を持つネイバーです。

このネイバーである少年『空閑遊真』とミデンのボーダー隊員『三雲修』の二人が主人公です。

神の国アフトクラトルの侵攻

迅悠一
ワールドトリガーの世界ではトリオン能力が突出した人にはサイドエフェクトという能力が発動します。
この迅悠一には未来予知のサイドエフェクトがあり、この未来予知が物語を面白くしてくれます。


さりげなく未来の内容を伝えきて、どこでその内容に繋がっていくのかを楽しみにしながら読めます。

そして主人公『三雲修』がピンチになると予知された敵

アフトクラトル
神の国アフトクラトルがミデンに侵攻してきます。

アフトクラトルはトリオン能力が高い三雲修の幼馴染の

雨取千佳

『雨取千佳』をターゲットにします。

ボーダーはなんとか雨取千佳を守り、神の国アフトクラトルを退けますが、その代償として

レプリカ

『空閑遊真』の友であるトリオン兵の『レプリカ』がさらわれてしまいます。

ボーダー内の組織でA級隊員を目指す

ボーダーでは神の国アフトクラトルにさらわれた人を救うために、ネイバーフッドへの遠征が企画されます。

このネイバーフッドへの遠征にはボーダー内の組織ランキングでA級かB級の上位にいないとメンバーに選ばれません。

『三雲修』『空閑遊真』『雨取千佳』そして

ヒュース
アフトクラトルに戻るために仲間になった『ヒュース』の4名でレプリカを取り戻すためにB級上位を目指します。

このB級の順位はボーダー内で行われる定期的な『ランク戦』で決定されています。

今連載再開されたのはこのB級ランク戦のところからです。

今なら本編100話・オフィシャルブック100P無料公開中!

連載再開記念として12/3まで本編100話までが無料公開されています。

この100話無料は毎日2話ずつ更新されていきます。

さらにキャラクターのオフィシャルデータブックも今なら100P無料公開中です。

この機会に是非ワールドトリガーを読んでみることを強くおススメします(^^♪

コメント