真 花の慶次2実践稼働!スペック・狙い目・止め打ち・ボーダーを解説!

まいど!にそくです

今回は花の慶次シリーズの最新作!
真 花の慶次2を新台初日に実践してきました。
スペック・狙い目・止め打ちなどを解説していきます。
スペックはかなり特殊な確変転落タイプになっています。

それではどうぞー!

スポンサーリンク

目次【リンクになっています】
真 花の慶次2 スペック解説
 ・基本スペック解説
 ・大当たり振り分け
真 花の慶次2 技術介入要素解説
真 花の慶次2 実践稼働で激アツ7テンパイ!
感想・まとめ

真 花の慶次2 スペック解説

確変突入率70%のSTタイプです。
STタイプですが回転数ではなく、転落抽選に当選するまで
確変と電サポが継続するタイプになっています。

真 花の慶次2 基本スペック

真 花の慶次2 基本スペック
大当たり確率 1/319.7
確変中大当たり確率 1/145.3
電サポ回数 100or100+確変転落まで
確変転落率 1/270.8
確変突入時の平均連荘数 3.2連【平均5118発】
等価ボーダーライン 21.0回転【出玉5%減】


1/270.8の確変転落を引くまでは電サポが継続します。
1/270を引く前に1/145の大当たりを引く台ですね。
100回転以内に転落抽選に当選しても、100回転は必ず電サポは継続します。

ボーダーは電サポ中の増減がマイナス0.5個で計算されています。
止め打ちで現状維持できればボーダーは19ぐらいまで落とせそうです。
そう考えれば新規準ではまだ甘めの機種ですね。

真 花の慶次2 当たり振り分け

ヘソ入賞時の当たり振り分け
16R確変(電サポ100回+α) 10%
6R確変(電サポ100回+α) 60%
6R通常(電サポ100回) 30%


大当たり時の70%で確変に突入します。
ヘソからも10%で16R直撃がありますね。

電サポ入賞時の当たり振り分け
16R確変(電サポ100回+α) 50%


電サポ入賞時はALL16Rです!
16Rも14個×9Cなので1800発以上獲得できます。

真 花の慶次2 技術介入要素解説

電チューの止め打ちは3パターンあります。
最近の台の中では簡単な方です。

電サポ消化中の止め打ち


青で囲った箇所が小デジの当選結果です。

左のみが点灯した場合はロング解放1回
それ以外のパターンはミドル解放2回です。

左が点灯した場合

1、電チューが開いたら4発打つ

2、止め

左以外が点灯した場合

1、電チューが開いたら2発打つ

2、止め

3、電チューが開いたら2発打つ

4、止め

これで現状維持ぐらいにできました。

大当たりラウンド消化中の止め打ち

大当たりアタッカーは普通にオーバー入賞します。
捻り打ちで狙いましょう。

アタッカーのカウント数は9Cです。

1、8発入賞した状態に単発打ちで調整

2、9発目を弱めに打って10発目を捻り打ち

積極的に狙っていきましょう。

真 花の慶次2 実践稼働で激アツ7テンパイ!

仕事帰りに新台初日で1台空いてましたので実践しました!

打ち出して再プレイ500発で

真 花の慶次2金セリフ
変動開始時の画面ロック?みたいな演出から
慶次伝統の金セリフダブル(^^♪

しかし疑似連や保留変化は無し・・・
かと思いきや

真 花の慶次2慶次ボタン予告
5大激熱予告の慶次ボタン予告から赤保留に変化!

スルー(;´・ω・)

うーんやっぱりキセルなどの期待度80%クラスの
激アツ予告が無いと当たらないんですかね・・・

ここから台が静かになりますが再プレイ2500発で
先ほどと同じ画面ロック演出!
かと思いきやロック時間がかなり長いロングロック演出←名前が正解なのかは知らんw

真 花の慶次2好機金文字
しかも金文字!これはキセルさえあれば・・・と思いきや

真 花の慶次2七テンパイ
いきなり7テンパイキター( ^ω^ )
これはヘソからの16R確変をツモったかもしれません。

赤襖から通常タイトル・通常テロップ・通常カットインの
最弱の伊達リーチでしたが

真 花の慶次2 16R直撃
16R確変に当選(^^♪
やっぱり慶次の7テンパイは強いですね!
期待度87%はさすがにハズれたら困るやつです←演出的にガチでハズれると思いました(;´・ω・)

真 花の慶次2 2000発大当たり
16Rなので確変突入+2000発なのでオイシイですね。

しかしこの確変が

真 花の慶次2真傾奇ラッシュ
一回もリーチにならずに残り10回転・・・
はじめて変化した青保留もスルーして

真 花の慶次2秀吉激昂
秀吉が激昂して電サポは終了ー。
100回転以内にあっさり1/270を引いてましたね。


終了後は即ヤメしましたー。

今回の実践内容は動画でも撮影してきました。
動画で見たい方は是非ご覧になってください(^^♪

感想・まとめ

やはり転落タイプの台は苦手ですね(;´・ω・)
アクエリオンの確変転落タイプの台も
本当に結果がついてこなかった記憶があります。

しかし一撃10000発オーバーは頻繁に見かけます。
やはり右打ちALL16Rなので破壊力はありますね。

導入台数も多いので打つ機会は今後もありそうです。

注意点としてスランプグラフやデータ表示器から
回転率を推測できないことには注意しましょう。
確変でハマった場合は、500回転ぐらいまで
電サポが継続して通常に落ちるパターンもあります。
その場合は、500ハマリでもスランプグラフはほとんど下がらないです。

以上、真 花の慶次2スペック・打ち方・狙い目・止め打ちの解説でした。

最後まで読んでくれて
ありがとうございました!
1クリックで応援お願いします!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にそくのススメブログ村ランキングバナー
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です