パチスロコードギアスR2 C.Cver GRT性能とお得になるパンク役の技術介入要素を解説!

コードギアスR2反逆のルルーシュC.Cver

まいど!にそくです

今回はコードギアスR2 C.Cverの技術介入要素についてです。
すべてのボーナスにRTがついてきますが、このRT中に
ちょっとした技術介入要素がありますので紹介します。

まぁほんとうにちょっとなんですけどね・・・

RT性能の解説もあわせてやっていきますね。

それではどうぞー!

スポンサーリンク

目次【リンクになっています】
GRT性能解説!エンディングの発生条件など
・RT中の背景(ステージ)変化について
RT中のパンク役回避手順
RT中のちょっとした技術介入要素
感想・まとめ

GRT性能解説!エンディングの発生条件など

コードギアスR2 C.Cverは全ボーナス後にRTがついてきます。

コードギアスR2 C.Cverボーナス別のRTゲーム数
ボーナス 継続ゲーム数
ギアスBB 次回ボーナスまで
通常BB 150G
MB 50G
※次回ボーナスまでのRTに昇格抽選※
コードギアスR2 C.CverRT性能
純増 約0.2枚/G
注意点 パンク役入賞でRT終了

純増0.2枚のRTですので、ほぼ現状維持ですね。

RT中の背景(ステージ)変化について

RT中はボーナスを引くとステージが変化していきます。
最後のステージまで到達すると、エンディングが発生します。

コードギアスR2 C.Cver RT中の背景
背景 移行条件
ブラックリベリオン 通常時にボーナス当選
スザク対峙ステージ ブラックリベリオン中にBB成立
ゼロレクイエム スザク対峙ステージでBB成立
ゼロレクイエム対峙 ゼロレクイエムでボーナス成立
エンディング ゼロレクイエム対峙でボーナス成立

エンディングはゼロレクイエム対峙ステージで
ボーナスが成立すると発生します。
成立したボーナスでエンディング発生のタイミングが異なります。

ボーナス毎のエンディング発生タイミング
ボーナス 発生ゲーム数
BB RT残り60Gから
MB 入賞時から

ボーナス確率から考えても、高設定でも
なかなかエンディングは難しそうですね。

RT中のパンク役回避手順

RT中は1/8.6でパンク役が成立します。

パンク役が入賞すると、RTが終了しますので回避が必要です。

コードギアスR2反逆のルルーシュC.Cverパンク役成立ギアス
パンク役成立時は液晶で白色のギアスフラッシュが発生します。

コードギアスR2パンク役
コードギアスR2反逆のルルーシュC.Cverリール配列

パンク役の回避はいずれかのリールに白7を狙えば回避できます。

白のギアスフラッシュが発生した際は、左リールに白7を狙いましょう!

パンク役になるブランクの箇所はC.C図柄の近辺にあります。

第一停止で目押しをミスしても、ほかのリールで外せば問題ありません。
落ち着いていずれかのリールに白7を目押ししましょう。

RT中のちょっとした技術介入要素

RTの最終ゲームにちょっとした技術介入要素があります。

RT中のパンク役は入賞するとRTが強制終了しますので回避します。
※払い出しは0枚※

このパンク役ですが、狙って入賞させると、RTは終了しますが1枚の払い出しがあります。
RTの最終ゲームに限っては、パンク役成立時はハズすよりも入賞させた方が1枚だけ得になります。

パンク役の確率が1/8.6なので、1日打てば数回は最終ゲームに成立する可能性があります。

ジュース代ぐらいにはなりますので最終ゲームは1枚役を狙っていきましょう。

コードギアスR2反逆のルルーシュC.Cverパンク役出目
C.C図柄を目安に狙えば、簡単に入賞できます。

感想・まとめ

注意点としては、1枚役を入賞させるとペナルティがある可能性があるってことです。
※ノーマルタイプなので99%ペナなどないと思いますが・・・※

後はパンク役を告知する白ギアスフラッシュですが
低確率でレア小役も成立していることがあります。

レア小役を取りこぼす可能性もあるということを認識しておきましょう。

あくまで自己責任でお願いします(o*。_。)o

そして通常時は一枚役はフォローしないようにしましょう

一枚役はベルの一部と重複していることがあるようです。
通常時に一枚役を狙って入賞させると、ベルを取りこぼして損しますので。

以上、コードギアスR2反逆のルルーシュC.Cver RT中のパンク役入賞による技術介入要素解説でした!

最後まで読んでくれて
ありがとうございました!
今オススメのメルマガを紹介

【無料登録】だけで一万円分の現金or仮想通貨が貰えるメルマガの解説記事!

1万円を無料で獲得できる手順・理由・時間の解説記事!
今すぐ登録したい方はコチラからどうぞ!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
加藤翔太

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です