北斗の拳修羅 高確以上示唆演出まとめ。リセット後の高確狙いは可能か?北斗強敵と比較!


syura001_r

まいど!にそくです

今回は北斗の拳修羅の高確以上示唆演出についてです。
設定狙いでは朝一の高確が重要な判別要素になっています。
高確示唆演出はしっかり把握しておきましょう。

前作の強敵ではリセット後の高確狙いが有効でした。
今作の修羅ではどうなのでしょうか?

それではどうぞー!

スポンサーリンク

北斗修羅 高確以上示唆演出まとめ

  • 弱スイカで真北斗カウンターが点灯した前兆でカイオウステージに移行。
    ※強スイカを重ねて引いた場合は無効※
  • 真北斗カウンター非点灯時に、ハズレ・リプ・ベルでザコ撃破時の断末魔が赤文字。
    ※チャンス目後8G間は除く※
  • 真・北斗カウンター非点灯時にカイゼルステージへ移行。
    ※チャンス目後8G間は除く※
  • 断末魔で【あべし】【ヘブン】出現
  • ケンシロウ青オーラ【大】
  • チャンス目以外で小役払い出しランプ白点滅

引用:パチマガスロマガ様


現在公開されている高確以上確定の演出は以上です。

新しい情報が出たら更新していきます。

今作は高確以上演出が少ないので覚えるのが楽ですね。

北斗修羅と北斗強敵リセット狙いを比較

北斗強敵で有効だったリセット後の高確狙い。

今作の修羅でも有効なのでしょうか?

強敵と修羅でリセット後の数値を比較してみました。

比較項目 北斗の拳~強敵~ 北斗の拳~修羅~
リセ後高確移行 25.00% 12.50%
リセ後通常移行 50.00% 31.25%
初当たり確率 1/432.8 1/299.73


※設定1の数値です※

強敵で25%あったリセ後の高確移行ですが
修羅では12.50%と半減してしまいました。

地味に活躍していた通常への移行も
強敵の50%から修羅では31.25%と大幅ダウン。

はっきり言って北斗修羅のリセット狙いは
非常に厳しいと思います。

しかしこの設定1の高確移行率のダウンは
考えようによっては嬉しい変更です。

強敵のリセット後の高確移行は
設定1で25%、設定6で33%とほとんど設定差なく、
判別要素にはなりませんでした。
しかし修羅は設定1で12.50%、設定6で37.50%と
大きな設定差【約3倍】となっています。

設定狙いなどでオールシマになった際は、
朝一の全台の高確移行だけ見てもオールの
対象シマかどうかかなりわかりやすくなります。

修羅はやはり設定狙い向きの台ですね。

感想・まとめ

リセット恩恵が弱く、あまり狙えないのは
ハイエナ要素としては非常に残念です。

現状としてはリセット後の高確狙いは
修羅ではオススメできません。

リセット狙いはできませんが北斗シリーズは
高確が非常に重要です。ART終了後の
高確を取りこぼさないためにも高確以上の
示唆演出については覚えておきましょう(^^)/

最後まで読んでくれて
ありがとうございました!
1クリックで応援お願いします!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にそくのススメブログ村ランキングバナー
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

アクセスランキング