新連載【神様のハナリ】紹介 2015年7月16日 第33号 ヤングジャンプ

まいど!にそくです

今回は2015年7月16日第33号ヤングジャンプ新連載

【神様のハナリ】の紹介です

深呼吸をしたいすべての現代人に贈る沖縄離島ファンタジー

©SHUEISHA

なんか気になるキャッチフレーズですよね。
すごく癒しを感じません?
絵もそんな感じのやさしい絵です。

この手のマンガは正直あまり読みません(笑)

しかし今作の作者吉村拓也さんが以前書かれていた
ロンジコーンっていうマンガすごく
好きだったんですよ。だから今回は少し見てみました。

・舞台は東京から2000キロ離れた
 沖縄の渼母里島(みもりじま)
・主人公は2人で1人は島で
 守り神と呼ばれている子供「東雲六」

主人公のスペックは海でずっと生きてきた家系なんで
海に順応してるよってこと。
汚れた海の中で目のピントを合わせれる等々って感じ。

びっくりしたけどこの主人公海中のサメを
チョークスリーパーで絞め落としますw

もう一人の主人公は東京に住む親に人生を決められて
生きてきた女の子「高島望」です。
この子は自分の人生を一人で生きていくために
渼母里島(みもりじま)に移住してきます。

そして渼母里島(みもりじま)でこの二人は出会い
物語は展開していきます。

東雲六が高島望を第一話から助けるんですが助けた後の
六の言葉がすごく印象的でした。
結構心に響く名言やなって思いましたよ。

感想 
・名言が心に響いたからみんなも見てほしい。
・この名言で今後のブログ更新の
 モチベーションがアップした!

・今のところ癒しの要素は見あたらないw

まぁロンジコーンが面白かったので
今後の展開に期待しましょう。
というか今後の展開がまったく読めないんですよね。
第一話で先が想像できないマンガは
個人的には大ヒットか早期終了ですね。

まったく関係ない話なんですが
HUNTER×HUNTER再開まだ?w

最後まで読んでくれて
ありがとうございました!
1クリックで応援お願いします!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にそくのススメブログ村ランキングバナー
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

アクセスランキング