牙狼XX復刻版初打ち稼働実践!初代同様Vハズシは可能か?簡単な打ち方や狙い目などを解説!


garoremake001_R

まいど!にそくです

今回は私が大好きだった牙狼XXの復刻版が
ライトミドルで導入されました。
はたして技術介入的に初代とどのように
違うのか実践内容とあわせて解説します。

ちなみにただの自慢ですが私の歴代最高出玉は
初代牙狼XXでの12万発です(^^♪
スロットでの万枚は未経験ですがパチンコでの
10万発オーバー経験は嬉しかったですね。

まぁそれだけ出しただけあって最高負け額も
牙狼XXで1日で120Kでした・・・

これほど打ち込んだパチンコは他には
ないので非常に楽しみでしたが結果は
どうだったのでしょうか?

それではどうぞー!

スポンサーリンク

スペック解説

牙狼復刻版スペック
大当たり確率 1/208.7
魔戒チャンス突入率 50%
魔戒チャンス継続率 82%
時短回数 99回
カウント 9C


AKBなどと同じタイプの一種二種混合機です。
確率変動は存在せずに時短に突入させて
ハネ物V入賞で連荘させる仕組みです。

初代と比べて大当たり確率が大幅に軽くなりました。

ヘソ入賞時大当たり振り分け
4R時短あり 50%
4R時短無し 50%


電チューorV入賞時大当たり振り分け
15R時短あり 50%
4R時短あり 32%
4R時短無し 18%


継続率を初代と同じにするために
初当たりは4Rで固定です。

単発時はAKBなどと比べると厳しいですね。


1Kあたりの回転率ボーダーライン
2.5円 25.9
3.0円 23.4
3.3円 22.2
3.5円 21.4
等価 20.1


出玉5%減で計算

引用:スロリー万たろう様

ボーダーに関しては大幅に悪くなりました。

初代牙狼XXは記憶は曖昧ですが等価で
17回転前後がボーダーだったと思います。

ボーダー20越えはなかなか厳しいですね。

1日勝負したければ最低23回転以上は欲しいです。

実践稼働内容

打ってたのがかなり前でしたので
忘れてるかと思いましたが打つと
非常に懐かしいですね(´・ω・`)

牙狼復刻版保留
ちょっと気になったのですがこんなに
保留って小さかったかなーって思いました。

最近の保留はもっと大きいですからね。

そんなことを考えてると開始1Kで
強シャン疑似連白→赤の2連で

タイトルが燃えて天運!

結構アツいですが疑似連2なので期待していないと
発展先が赤タイトルの魔界竜!

garoremake003_R
牙狼復刻版バトルボーナス
あっさり1Kで初当たりGETです(^^♪

しかし1回目の初当たりはキバの中攻撃で単発。

4Rのみなので350発ぐらいしか出ませんでした。

この大当たりですがアタッカーが開くのが
とてつもなく遅いです。初代の感覚で
打ち出しを始めるのはNGですね・・・
打ち出しのタイミングについては後述しますね。

次の初当たりは少しハマって230回転で
強金シャンから暗転でタイトルGARO疑似連!

このリーチがアニメリーチから発展してまさかの

レギュレイス青タイトル・・・
akagi011_R
こりゃハズれるパターンや・・・

garoremake013_R
garoremake014_R
garoremake015_R
ここで新演出の牙狼チェンジです(^^♪

青タイトルの演出を赤タイトルの
激熱リーチに変換する演出ですね!

この演出はなかなかいいですね!

レギュレイスなんか相当打ちましたが
ほぼレインボー以外はあたらなかったですからwww

このリーチが

garoremake006_R
しっかりと当たってキバの強攻撃から

ザルバ復活牙狼復刻版
garoremake008_R
ザルバ復活で魔戒チャンス突入です!

この魔戒チャンスはいい感じに

garoremake009_R
牙狼復刻版轟天お助け
牙狼復刻版お助け
garoremake012_R
お助けなどで15Rが4回の6連で終了!

仕事帰りでしたのでここで即ヤメしました。

打ち方の注意点と技術介入要素解説

<大当たり中の打ち方についての注意点>

今回の牙狼復刻版ですが大当たり中に
アタッカーが開くタイミングが初代と
かなり違うようになっています。

魔戒チャンス中の演出で簡単に解説します。

初代の牙狼ですが

garoremake018_R
大当たりするとゲート選択画面で1R目を消化。

garoremake016_R
お助け演出煽りで2R目を消化

garoremake017_R
ホラー出現画面で3R目を紹介

こんな感じのラウンド消化でした。

今回の牙狼復刻版は最後の写真の
ホラー出現画面終了後から1R目が始まります
ですのでそれまでは打ちだしを
開始しないように注意してください。
かなり長い間演出での待ちがあるので
アタッカーが開きません。

キババトルの場合はキバの攻撃が始まる
ところから1R目が開始されます。

このアタッカー開き待ちはザルバ復活演出などで
15R時に4Rから5R目のつなぎなどでも発生します。

その対策としてアタッカーが開くときは

garoremake001_R
こんな感じに液晶にエフェクトがでますので
それを確認してから打ち出しをしましょう。

打ちっぱなしにしてるととてつもないロスです。

ちなみに初代と違い復刻版は大当たり中は
右打ちで必ず消化してください

初代のように釘を見て右打ちか
左打ちかを変えるようなことはできません。

このあたりはちょっと残念ですね・・・

もう1点は最近の台にはあまりないですが
アタッカーが初代同様に真ん中についてます。
しかも釘調整によってはかなり玉が死にます。

のんびりと打ってて釘が悪いと普通に
時間オーバーでパンク終了します。
ラウンド間の玉ロスで止め打ちする場合は
パンクさせないように注意しましょう。

<Vハズシについて>

結論から言うとVハズシでの玉増やしは不可です

電チューでの返しが3玉から1玉へ変更になってます。

そしてベロ内のV入賞口の開閉が
1回から2回に増えています。

ですのでVを外して玉を入れることは
可能ですがかなりシビアで2発は入らないです。

しかも電チューでは玉減りしますので
ロスを減らす打ち方がオススメですね。

garoremake001_R
引用:パチストPGQ様

当たり中もそうですが増やすというよりは
減らさないための技術介入になりますね。

感想・まとめ

この稼働以降も結構打ってますが演出面に関しては
ほぼ完璧に再現されています。保留変化や
先読みが嫌いな私にはぴったりですね(^^♪

しかし大当たりアタッカーは右に移動しても
よかったんじゃないかなーと思います。
今のユーザーは右打ちの快適なアタッカーに
慣れてるのでこのアタッカーは苦痛ですね。
真ん中で再現するなら左でも右でも打てる
仕様にしてほしかった。ここはかなりマイナス。

後は最大のマイナス点はボーダー悪化と
ホールの扱い方です(-_-;)

ホールに関してはVハズシの対策だと思いますが
私の地域ではスルーの調整が悪すぎます。
この台でスルー調整を厳しくして早い連荘の
爽快感が台無しになってます・・・
Vハズシしてもほとんど効果がないし
右の調整はせめて一般ユーザーが打ちっぱで
楽しく打てるレベルにしてほしいと思います。

結論としては演出は面白いですが喰えない

技術介入によるボーダー下げがほとんど
期待できないので率先して狙う価値は無し。

よっぽど思い入れがないなら無理して
打つ必要はないと思いますね。

ちなみに私は・・・

めちゃくちゃ思い出深くて演出が面白すぎるので
収支度外視で3日連続打っちゃってますけどねwww

これを機に復刻版ブームとかになって
懐かしい台がいっぱい復刻してほしいと思います。

最後まで読んでくれて
ありがとうございました!
1クリックで応援お願いします!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にそくのススメブログ村ランキングバナー
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

アクセスランキング